浮気調査・不倫調査

浮気調査・不倫調査とは夫や妻といったご依頼者さまの配偶者や現在お付き合いしている恋人などの行動を、様々な状況において張り込み調査ならびに尾行調査を行い、行動の一部始終を撮影・記録し証拠資料をご提供する調査のことです。
浮気調査・不倫調査をご依頼される方の目的は「関係の修復」 「離婚対策のための証拠収集」 「浮気相手への慰謝料請求」などさまざまですが、ひとつ探偵事務所では調査により事実関係を解明しご依頼者さまの問題解決への糸口を見出すということを一番の重要ポイントだと考えています。それにより、ご依頼者さまの心の不安や精神的苦痛を軽減できることは間違いありません。
重要人物と思われる接触者の特定が必要な場合につきましては対象者と別れた後の帰宅先・帰社先などを特定し、裁判等で必要となる証拠を徹底的に収集いたします。
また、浮気の実態が必ずしも明らかでない場合においても、ひとつ探偵事務所が潔白を解明いたします。

浮気と不貞行為

夫婦間での「浮気」の定義は人それぞれですが、日本の法律では浮気や不倫のことを「不貞行為」と呼びます。不貞行為とは「夫婦間の貞操義務に違反する姦通」(配偶者以外の異性との性行為)と定義されており、この義務に反して一方が不貞行為を行った場合のみ配偶者の不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。しかし裁判では、離婚原因としての不貞行為を厳しく制限しており「性行為の存在ないし、推認できる証拠」を立証しなければ不貞行為での離婚請求が認められないのです。そしてその証拠は、裁判所や弁護士が収集してくれるのではなくご自身で収集しなくてはなりません。

不貞行為の証拠とは

配偶者の不貞行為が原因で離婚をする場合や、浮気相手に対して慰謝料請求する場合にはその不貞行為が原因であるという因果関係を浮気の証拠から証明する必要があります。
そのためにはどのような証拠が必要となってくるのでしょうか?
不貞行為とは「配偶者と浮気相手の性交を確認できる、もしくは推認できる証拠」さらに、その不法行為が一度きりのものではなく「複数回にわたり継続的であること」と定義されているため、メールの内容やレシート、ホテル等の領収書、2人で旅行したと思われる写真などだけでは不貞行為の証拠として認められないのが現状です。
しかし不貞行為の根本的な性質として、性行為は密室で行なわれるものであり配偶者とその相手が性行為を行っている現場そのものを証拠として撮影することは事実上不可能に近いといえます。したがいまして、ラブホテルやシティホテルといった宿泊施設や自宅といった密室に出入する様子を撮影するとともに、滞在時間や部屋の灯りの変化などを詳細に記録することで「配偶者と浮気相手の性行為を推認できる証拠」として複数回、継続的に調査を実施し不貞行為と認められる証拠を収集しなくてはなりません。
あわせてひとつ探偵事務所の調査結果報告書をご覧ください。

浮気相手の特定

不貞行為の証拠を収集しても、浮気相手の氏名や住所といった人定を明確にしておかなければ不貞行為に基づいた浮気相手への慰謝料請求のみならず、浮気相手に配偶者との交際解消を求める内容証明を送付することができません。
携帯電話番号や所有車ナンバーなどの登録・届出情報から氏名や住所、生年月日といった人定情報を判明することも十分に可能ですが、一人暮らしをしている人物や若年者であった場合など、実家や以前住んでいた住所地に登録・届出情報を残したまま転居していることも十分に考えられるため、ひとつ探偵事務所では尾行調査による浮気相手の人定特定を推奨しております。
あわせて各種情報データ調査・携帯電話番号調査をご覧ください。

別居中での不貞行為

婚姻関係の調整、再構築などさまざまな事情で別居を選択される方がおられますが「離婚」を前提とした別居をしてしまうと、その後配偶者が不貞行為を行ったとしてもすでに夫婦としての実態が無く婚姻関係が破綻していると判断され、不貞行為の証拠としてみなされない場合があります。
また、離婚を前提とした別居に限らず双方の合意に基づく家庭内別居の場合も同様に、すでに夫婦としての実態が無く婚姻関係が破綻していると判断され、不貞行為の証拠としてみなされない場合があります。
配偶者の不貞行為を理由に離婚・慰謝料請求をお考えになられているのであれば、「法的効力を十分に発揮できる証拠」を収集するまでは、できる限り別居・家庭内別居をしないようにしましょう。

浮気調査事例

事実確認による浮気調査

浮気をしていないか真実を知りたい。
浮気の真実を確認したうえで、謝罪させたい。
夫の携帯電話に浮気を思わせるメールがあった。

離婚対策による浮気調査

浮気の真実を確認したうえで、離婚問題を有利に進めていきたい。
将来的に離婚を考えており、その時のための証拠がほしい。

関係修復による浮気調査

浮気の証拠をもとに浮気相手と別れさせたい。
第三者を入れて話し合いの場を設け、元の幸せな関係を取り戻したい。
不倫相手・浮気相手を特定し、交際をやめさせたい。

慰謝料請求による浮気調査

離婚は考えていないが、妻の不倫相手に対して慰謝料請求をしたい。
不貞行為の証拠を元に慰謝料を請求したい。

浮気調査の料金・不倫調査の費用

調査項目

時間

費用・料金

基本調査プラン 3時間 (調査員2名体制)

38,400円 (税込み)

延長調査 30分 (調査員2名)

5,250円 (税込み)

  • 浮気調査・不倫調査につきましては、1稼動の基本調査時間を3時間からとさせていただきます。
    ※調査が3時間未満で終了した場合につきましても3時間分の調査料金をいただいております。
  • ひとつ探偵事務所では、2名1組を基本調査体制として調査を実施させていただいております。
  • 基本調査時間の3時間を超過した場合の調査時間の延長につきましては調査員2名につき
    30分:5,250円の延長調査料金が発生いたします。
    ※5分未満の延長調査時間につきましては切り捨てとし、ご請求いたしません。
  • 上記の料金以外に、調査を遂行するうえで必要となるバスやタクシー、電車など公共交通機関の乗車料金ならびに飲食店や娯楽施設等に入場した場合に必要となる経費は別途発生いたします。
  • 上記の料金には特殊撮影機材費用・画像処理費用・報告書製本費用が含まれております。
    したがいまして上記に記載されている以外の料金・費用は一切発生いたしません。
初めての方に限りお試しキャンペーン お得で安心料金プラン


浮気調査に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページトップへ