探偵業法について

「探偵業の業務の適正化に関する法律(平成十八年法律第六十号)」(以下“探偵業法”と記す)とは、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正を図り個人の権利利益の保護を目的とした日本の法律です。
この「探偵業法」の施行をきっかけに皆さまにとって不利益となるような一部の悪徳な業者が排除され、皆さまが安心して探偵社・興信所をご利用していただくために制定されました。


探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要


探偵業の業務の適正化に関する法律

2007年6月1日に施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」をご覧いただけます。

探偵業の業務の適正化に関する法律等の解釈

「探偵業の業務の適正化に関する法律等の解釈」をご覧いただけます。


探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要

「探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要」をご覧いただけます。

探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則

「探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則」をご覧いただけます。


探偵業法の罰則規定

「探偵業法における諸規制と違反者に対する探偵業法上の罰則」をご覧いただけます。


探偵業の届出証明書

探偵業届出証明書

平成18年5月19日に探偵業者を届出制とする探偵業の業務の適正化に関する法律案が動議として衆議院の内閣委員会に提出され翌年、平成19年6月1日より施行されました。
この法律により、探偵社・興信所を営もうとする者、または既に営んでいる事業者も営業所ごとに営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会への届出が義務化され、施工後1ヶ月以内にこの届出をしなければ探偵社・興信所を営むことができなくなりました。

探偵業法に関するお問い合わせ

お問い合わせ

ページトップへ